玉手箱で作成したフラッシュを更新するための方法をご紹介します。
玉手箱で作ったフラッシュの更新方法

手順概要

  1. 玉手箱の管理画面で画像やテキストを更新
  2. 玉手箱からファイルをダウンロードして、ネットショップのサーバにアップロード
  3. [おまけ]フラッシュのファイル名を変更してアップロードする方法(楽天市場のRMSで作ったページの場合)

手順1:玉手箱の管理画面で画像やテキストを更新

玉手箱の管理画面にログインして
「保存済みアイテム」タブの「編集」ボタンをクリックします。
画像やテキストやリンク先URL、その他演出効果の変更を行った後、
一度「デモを作成する」ボタンを押して、作成されたフラッシュの内容・動きなどを確かめて下さい。
「保存する」ボタンを押して、
「保存済みアイテム」一覧画面に戻ってください。

手順2:玉手箱からファイルをダウンロードして、ネットショップのサーバにアップロード

「保存済みアイテム」画面の「ダウンロード」ボタンを押すと、
玉手箱からファイルファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロードして解凍後、
上図の①(swfFiles)というフォルダをアップロード&上書き保存してください。
その他のファイルは、更新時にはアップロードしなくても結構です。

[おまけ]フラッシュのファイル名を変更してアップロードする方法(楽天市場のRMSで作ったページの場合)

「フラッシュを更新してアップロードしたのに、ネットショップに掲載されているフラッシュに反映されない」ということがあります。この現象は、サーバやブラウザのキャッシュに古いバージョンのフラッシュファイルの情報が残っていて、それが表示されてしまっていることが原因で発生します。
そんな時は、フラッシュのファイル名を変更してアップロードしてください。
すぐに更新された内容のフラッシュが表示されます。
玉手箱からダウンロードした上記ファイルの中から、
①swfFilesフォルダの中にあるswfファイルのファイル名を変更します。(例:20111211.swf)
②C******.htmlファイルをテキストエディタなどで開き、下図のようにswfファイルのファイル名を修正します。
最後に、①swfFilesフォルダと②C******.htmlファイルをアップロードしてください。
これで更新された内容のフラッシュが表示されるようになります。
楽天市場のRMSで作ったページ以外の場合でも上記手順と同じように、
swfファイルのファイル名を変更し、フラッシュを表示するためのJavaScriptの中のswfファイルのファイル名を指定している箇所を修正することによって、フラッシュのファイル名を変更して表示することができます。


ネットショップにフラッシュの掲載をご希望の方にお知らせです。
玉手箱は、お手持ちの商品画像を登録するだけで、 自動的にフラッシュを作成することができるASPです。
「簡単操作」で「激安価格」が好評の玉手箱について、是非ご覧下さい。
玉手箱トップへ
ショップへの導入事例紹介
無料体験デモも好評実施中です


バナー画像を登録するだけで無料フラッシュバナーが作れる人気シリーズです!